world's end girlfriendライブスケジュール。

0
    world's end girlfriendのライブスケジュールが告知解禁になりました。



    world's end girlfriend&BLACK HOLE CARNIVAL編成にて。

    来月3月から5月まで。

    各地で。

    お会いしましょう。



      ■福島公演,3/27(sun)@郡山HIP SHOT JAPAN info:http://p.tl/UPNp 香港公演,4/1(fri)@ HKAPA HK Jockey Club Amphitheatre,/ info:http://www.whitenoiserecords.org
      ■上海公演, 4/2(sat)@ Mao Livehouse,/start.20:00 info:http://www.juefestival.com/
      ■北京公演,4/3(sun)@ Tango 3rd Floor,/start.19:00/info:http://www.juefestival.com/
      ■名古屋公演,5/15(sun)@名古屋TOKUZO チケット販売は3/15より。詳細は後日

      スタート地点に。

      0

        【world's end girlfriend】

        福島県郡山でのライブが決定しました!

        3月27日(日)@郡山HIP SHOT JAPAN

        http://p.tl/UPNp


        という訳で3月最終日曜日、福島県郡山に行ってきます。

        Scena.企画です。


        world's end girlfriendで行けるのが凄く嬉しくて楽しみです。


        about tessの結成2回目のライブが郡山だったんですけど、

        知ってる人もいるかもしれないのですが、

        about tessは結成初ライブで最悪のライブをやってしまって。

        もう辞めたいというメンバーを説得したり、

        曲を全てアレンジし直して挑んだのが郡山でのライブでした。


        当時の日記を転載します。


        ■2004/12/11(土)こんな時こそ。

        「体調が戻らないまま、これから深夜から早朝にかけてリハーサル。そして福島に向かう。福島で俺は泣くかもしれない、笑うかもしれない。全力で演奏してきます。」


        ■2004/12/12(日)ギターソロ。

        「福島でのライブ、無事終えました。

        体調は悪化しましたが、心は晴れやかです。新しいスタートです。」


        うん。約6年前の日記でした。


        当日のライブの事は今でもはっきり覚えていて、

        バンドが音楽的に動き出した事を演奏中に体感して胸が躍りました。

        結構酷い風邪をひいていて体調は最悪だったんですが、

        本当にabout tessを続けていける事を実感して心から喜びました。


        それから福島は自分の中で特別な場所なんです。

        始まりの地というか。

        about tessではそれ以来2回行ってますがworld's end girlfriendで行けるのが本当に嬉しいです。


        3/27のイベントの主催者、Scena.の今井君に会えるのも楽しみで。

        そして大好きな百景も一緒。


        嬉しいです。

        人と人はいろんなところで繋がってる。


        ままどおる!


        world's end girlfriend ワンマンを終え。

        0
          world's end girlfriendワンマン無事終了しました。

          超満員の恵比寿リキッドルームにて。


          俺は前半BLACK HOLE CARNIVALと後半POLTERGEIST ensemble最後の2曲で弾きました。


          world's end girlfriendという強大かつ緻密な美と、強烈なメンバー達。

          気持ちのいい頼れるスタッフ達。

          駆けつけてくれた仲間や手伝ってくれた仲間。

          一日を通して本当に大きな幸せを感じました。


          演奏中は瞬間瞬間を楽しむというか感じるというか発揮するというか。

          適切な言葉が見当たらないのですが。

          それそのものが音楽のような。

          弾きながら大きな感動に包まれました。

          最後の曲"we are the massacre"では「ここまできた」感覚と「終わって欲しくない」感覚が混在して。

          ステージを降りて全員と握手した時は感極まりました。


          何にも例える事の出来ないものがあの空間を共有したそれぞれの人の数だけ生まれた様に思います。

          そしてそれぞれが持ち帰った何かが各々の世界で増幅されていく事が楽しみでなりません。


          大事な日を無事大盛況で終える事が出来て嬉しいです。

          ここからさらに基礎的な演奏の強化を。

          俺の持っている特殊な演奏能力にももっと磨きをかけつつ。

          そして楽器、心身を整えます。


          で。


          打ち上げ最高に楽しかったー!

          珍しく朝までいっぱい飲んだ!

          皆最高!


          冬のアイスクリーム。

          0
            オレンジ

            年内おそらく最後であろうworld's end girlfriendのライブを終え渋谷より帰還。
            最高の演奏が出来ました。
            俺はストイックな人間ではないけど、俺なりに詰めて来た成果を感じたし、
            自分の成長を感じる事が出来ました。
            現在の最高を最低ラインに設定して次へ向かいます。

            次は3ヶ月後の2011.1.29恵比寿リキッドルーム。
            ワンマンですよ。絶対凄い夜になる。

            そうそう。

            今日は会場入りの時に隣でライブだったsleepy.abの皆と偶然ばったり。
            お互いのライブを、観たい!観たい!何時?何時?って言って。

            「20時!」
            「20時!」

            「うっわ〜」

            って感じでした。
            皆良い顔してた。

            うん。

            タテタカコさんが素晴らしかったです。
            びっくりしました。
            ワンマンとかないかなぁ。
            もっといっぱいゆっくり聴きたい。
            少しお話したのですが本当にこっちが恐縮してしまうくらい優しい方で。
            素敵な人でした。

            sgt.の皆ともゆっくり話せました。
            とっても楽しかったです。
            良い演奏してました。

            Song of the Birdの絵を描いてくれた方を紹介してくれた方ともやっと会えた。
            凄く嬉しかったです。
            ちゃんと感謝の気持ち伝えれたかなぁ。

            帰りはworld's end girlfriendさんと2人で打ち上げ。
            色々色々。諸々諸々。あれこれあれこれ。

            しかし寒くなりましたね。
            こんな日はアイスクリームですね。

            写真はオレンジの上にフェンダーですけど。


            厳密に言うと孤独。

            0
              hama

              ボロフェスタは本当に素晴らしかったです。

              多分学生だろうと思われるスタッフの方々も気持ちよく動いていて、

              ライブは勿論の事、ステージ裏も楽しいイベントでした。


              音響担当の人から誘導する人までが皆でイベントを作ってる空気を肌で感じて、

              楽しいと同時にイベントというものに対する姿勢、考え方を教えて貰った気がします。


              キセルの最後の曲本当に感動したし、

              その直後のエンドロールで流れたRCサクセションの雨上がりの夜空は泣けた。

              あの場にいれた事を嬉しく思います。

              主宰の方に感謝と敬意を。


              ちょこっと前のblogに書いた神聖かまってちゃんも観れました。

              楽屋が同じで、終わってからのこさんと話す事が出来て。

              凄く真摯に会話をする人でした。

              胸を打つ事があったのですがこの場では上手く書けそうにないです。


              毛皮のマリーズ初めて観たんですがめちゃくちゃかっこよかったです。

              終わった瞬間楽屋に時間が押した事を詫びにきてくれ凄く出来た人だと思いました。


              他にも他にも道中含めいっぱいいっぱいいろんな事があったんですけど。

              美し過ぎる光景や表情を言葉に変換出来ません。


              うん。

              写真はその中の一瞬。


              音楽って良いなぁって。

              素直に言える日でした。


              まぁ。


              正直素直に言えない日もある。


              さて。


              今月に入ってからworld's end girlfriendでの3本のライブは、

              いずれも個人的に納得のいく演奏が出来ています。

              あとは自由に感じて自由に楽しんで貰えればという感じの。

              それも9月の新潟のあと真剣に詰めた成果だと思います。

              28の渋谷も気を引き締めていきます。


              浮かれ過ぎず、落ち込み過ぎず。

              次へ、前へ。


              東京に戻ります。

              0


                ボロフェスタ素晴らしかった。

                あとで京都に行きます。

                0
                  20

                  本当に時間がなくてblog書けてませんでした。


                  今夜はworld's end girlfriendで京都に行きます。

                  ボロフェスタ楽しみだなぁ。


                  リキッドも台湾も振り返れてないですけど。


                  ボロフェスタ昨年は現地で多くの友人と話せて楽しかった。

                  ステージに乱入する人がいたり。あれは驚いた。

                  終演後メンバーで飲んだの楽しかったなぁ。しみじみ。

                  なんてほのぼのしてる場合ではない。


                  かまってちゃん観れるかなぁ。

                  とかも言ってる場合ではない。


                  昨年は本当にスタッフの人が皆素晴らしくて。

                  あんなに生き生きしたフェスは他にないんじゃないかな。


                  京都の人と仲良くなりたいなぁ。

                  ステージを降りたらわりと普通に会話出来る人間なんで話しかけて下さい。

                  良い演奏が出来たときはテンション高めなんで、

                  その次に会った時に意外とテンション低くても気にしないで下さい。

                  良い演奏が出来た時でもなんとなくテンション低い時もあるのでそれも気にしないで下さい。


                  絶対良い演奏します。


                  楽しんで下さい!


                  画像はJC-20のみです。

                  いかがでしょう?


                  帰国。

                  0


                    台湾から帰ってきましたよ。

                    素晴らしいスタッフの方々、多くのお客さん達と触れ合う事が出来ました。

                    最高の演奏と悲鳴の様な大歓声。

                    詳しくはまた後日。

                    あからさまではなく。

                    0


                      リキッドルームから帰ってきました。
                      納得のいく演奏が出来ました。
                      考えるだけでも駄目、埋没するだけでも駄目、客観的になっても駄目。
                      ちゃんと演奏する事は当たり前なんだけど、それだけじゃ駄目。
                      世界観があまりにも強大なので相当特殊な感覚で演奏してます。

                      world's end girlfriendのリリースパーティの日程が解禁になりましたね。
                      来年、2011.1.29は是非恵比寿リキッドルームに。
                      本当に今からその日の予定は空けておいて欲しいです。

                      そうそう。

                      KULU/KULU時代(俺が前にやってたバンド)にエンジニアでお世話になった方が、
                      今DE DE MOUSEさんの音響を担当していて。
                      お互い一瞬顔を見合わせたあと「おーっ!」ってなりました。
                      嬉しい再会だったなぁ。

                      他にもステージスタッフの子が知ってる子だったり、
                      お客さんでも出演者でも「おーっ」「あー!」がいっぱいあって楽しかったです。

                      珍しく打ち上げに出席しましたよ。
                      運転があったのでお酒は飲まなかったけど、こういうのいいなぁと思いました。
                      お酒飲んで騒ぐのとか超苦手になったし。
                      出演者の皆やスタッフの皆と終始和やかに。

                      少し寝て。
                      台湾の準備します。

                      帰ってきたら会いましょう!

                      写真は楽屋の奥真ん中にどーんと偉そうに座る俺のギターです。


                      電子の子供。

                      0


                        明日は恵比寿リキッドルームにてworld's end girlfriendのライブです。

                        という訳で今日はリハーサルでしたよ。
                        早速新しく取得したピッキングを試しましたがとても良い感じ。
                        多分コントロールがし易くなったんだろうなぁ。
                        いろんなニュアンスが出せるから面白い。

                        まだまだギターについて知らない事がいっぱいなんだと思います。

                        音ってその空間いっぱいに存在して、いろんな世界に繋がってるから。
                        3次元の考え方では把握出来ない感じがする。
                        勿論感覚って教育的な(習慣、経験含む)下地があっての部分が多いけど、
                        音で感情が揺さぶられるのは本当に不思議。
                        構築されたもの、していく過程、もしくは偶然性の連続が外に向かうのと同時に、
                        内側の細部にどんな働きかけをしてるのだろう。
                        言葉と同じで約束事同士のコードが共鳴する感じかなぁ。
                        単純に馬鹿でかいギターの音が好きな理由って何だろう。

                        訳がわからないから面白い。
                        だから知りたくなる。

                        そんなわけのわからない俺のギターが聴いてみたい人は是非明日。

                        で、週末はworld's end girlfriendで台湾に行ってくるので連絡取れなくなります。




                        calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>
                        PR
                        takuto_twitter
                        @takuto_をフォロー
                        Song of the Bird dig up ver.
                        Imaginedit album ver.
                        Violence Freak
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM