<< 100分でもabout tess 1分でもabout tess | main | 2015.6.7(sun) カオティック・スピードキング Live@TOKYO DOME CITY HALL「ピエール・フェス2015」 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.11.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    world's end girlfriend Live in Taipei 2015.5.29 @Legacy Taipei

    0
      world's end girlfriend 台湾でのワンマン公演無事終了しました。
      日々が目まぐるしく少々時間が経ちましたが振り返ります。

      今回はライブ前後の日程にかなり余裕のある行程で、
      サウンドチェックも含め演奏に集中出来る環境でありがたかったです。
      個人的に渡航前に数日間ライブが続いていてそのままバタバタ出国した感じだったのですが、
      前日、当日にホテルでゆっくりセットリストを見直す事が出来たのはかなり嬉しかった。

      台湾到着から順を追って。

      ホテル到着後前日入り組みと今回のプロモーターcha chaで食事へ。
      美味しい料理と美味しいお酒で楽しい会食。
      少し台北の街を散歩したり、名物だというデザートを皆で食べ、
      2軒目の落ち着いたbarへ。
      そこの店長さんがworld's end girlfriendのファンらしく、
      店内に今回の公演のポスターがあって皆でサインしました。
      割と早めに切り上げてホテルで再度演奏の確認。

      たっぷり寝て早めに起きて更に演奏の確認。
      異国のホテルでゆったりギターが弾けて良い気分でした。

      当日の昼食も台北で美味しいと評判のお店へ。
      (個人的にライブ当日は演奏が終わるまでお酒はお預けです。)
      ゆっくり食事を楽しんでホテルに戻ったら当日入り組のメンバーが到着してなんか嬉しかったです。
      (チェロの青弦さんと一緒に自撮りとかしてはしゃぎました。)

      その後全員揃って会場へ向かいました。
      約5年ぶりの台湾公演、前回はWALLというライブハウスでしたが、
      今回は台北のLegacyというところ。
      倉庫を改装して作られたというその箱はリキッドルームを一回り大きくしたような広さでした。

      PAの小泉さんがセッティングしてる間に会場付近を散歩。
      倉庫街を改装して作られたレストランや雑貨屋がいっぱいあって楽しかったです。

      そしてサウンドチェック。時間もたっぷり設定されていて嬉しかったです。
      高い天井とステージの構造上の為か、かなり音が回る環境でしたが、
      こういった環境の時はとにかく尾嶋さんのドラムが頼りになります。
      何よりもクリアにアタック音が聴こえるので外音の戻りがあろうが、中音が飽和しようが、
      安心して弾くことができます。今までも何度となく助けられてきました。

      良い感じでサウンドチェックは終了。
      本番まで暫しクールダウン。
      実はこのサウンドチェックで凄く良い経験が出来たのですが、
      今回新たにセットリストに加わった曲が好き過ぎてというか、
      思い入れがあり過ぎてサウンドチェック中に感情的に弾こうとし過ぎて構成が飛んでしまいました。
      感情的というか、叙情的というのでしょうか。
      心をエモーショナルにし過ぎて弾くのは違うなぁと気付けた事は大きな経験になりました。
      (本番はバッチリでしたよ。)

      そして本番。
      相当な振れ幅のあるセットリストの中、集中して弾けました。
      ステージから見えた後ろまでギッシリ入った満員のお客さんのエネルギーが凄かったです。
      この本番時の事を文章にするのが一番難しいのですが、
      当日までの、そして当日のサウンドチェックでの経験をちゃんと反映出来た良い演奏が出来ました。

      撤収後は美味しい火鍋と美味しいお酒で楽しく打ち上がりました。

      なにか、こう、今回の事を書いていると、淡々と書き綴ってしまうのですが、
      自分でも思い当たる節があって。
      それというのも、今回の台湾公演はあらためて、
      「自分はギターを弾きにここに来ている」という事を強く思っていて。
      もちろん要所要所でお酒を飲んだり、観光したりはあるのですが、
      「ギターをしっかり弾く」という大事な事がどんな時でも自分の中心にある旅になりました。

      長々と書いてきましたが次の演奏までもっともっと精進していきます!

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.11.09 Wednesday
        • -
        • 00:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        takuto_twitter
        @takuto_をフォロー
        Song of the Bird dig up ver.
        Imaginedit album ver.
        Violence Freak
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM