<< Virgin Babylon Night 2@渋谷WWW | main | 7月の演奏予定。 >>

気分転換。

0

    最近、近しい人が色々あって相談に乗ったりした中で、

    自分は、以前より「物事そのもの」への介入を避けてる感覚を自覚しました。

    人の「何か」に対する反応、判断というのは、

    根本を言うとその人が「世界をどう感じているか」、

    というところに辿り着くと思うのですが。

    「世界をどう感じているか」

    これはそれそのものを具体的、比喩で言語化出来なくても、

    その人の様々な反応、判断に見て取れるものです。

    「世界」というのは認知可能な範囲を遥かに超えた、

    歴史と人の営み、そしてさらに大きな自然の営みで超立体的に成り立っています。

    知り、学び、想像し、そして「知らずを知る」。

    その中から選び取った、そして自覚、無自覚に関わらず、

    まるで機能のように身体に入った視点。

    それがその人の「世界をどう感じているか」だと思います。

    俺の周りにはその「視点」がずば抜けた人が多くて、

    刺激を受けまくるのですが、

    俺自身にも独自の視点がある事を自覚、認識はしていて、

    それが上手くハマる時と、てんで駄目な時の差が非常に激しくもどかしいです。

    具体的に言語化、イメージ化出来るもの以上に強大なのが、

    無知覚部分だと思うのですが、

    その目の前にあるような、無限の彼方にあるような無知覚部分にコネクトしていくのが、

    音であったり本来の意味での音楽のような気がします。

    (コネクト出来る可能性があるような気がするというか。)

    その人の思考、判断の手がかりになる俯瞰視点の範囲、距離が大きければ大きい程、

    強大な音楽を構築出来るような気がするのですが、

    中世の頃の偉大な作曲家達は無駄なジャッジをしなくてもすむくらい、

    認知領域に対する(邪魔する)情報が少なかったような気がします。

    が、故に無知覚部分にコネクト出来る術も今よりは得やすかったのかと想像出来ます。

    簡単に言うと今の時代は無駄な情報だらけって事です。

    何かが起った時に、それが良い事なのか悪い事なのか。

    ほんとうに難しい。

    一方にとっての幸せが他方にとっての不幸になる事もよくあることなので。

    最近、当事者だけで完結しているようにしか感じれない自覚があります。

    したがって、冒頭に書いた「介入を避けてる」のは、

    同時に「介入出来ない」と思ってるのだと思います。

    拡大解釈するならそこには、なくならない戦争の根源的な要因があるような気がします。

    (最終的に暴力でしか解決出来ないという決断が余りにも野蛮かつ、介入による不可逆性を証明しているような。)

    何故こんな事を書いたかというと気分転換です。

    話がバラバラな方向にいきつついきなり話変えますが、

    先日LUNA SEAのライブに行ってきました!

    案内してもらった座席がステージサイドというのもあって、

    メンバーの演奏を見ながらお客さん全体も見渡せるという楽しい席で。

    満員の国立代々木第一体育館が音と一体になって爆発するエネルギーは、

    凄まじいものがありました。

    やはり俺はギタリストなので、

    SUGIZOさん、INORANさんの音を中心に聴いていたのですが、

    巻いた弦の鳴りがホールに響くような生々しいところから、

    エッジを内包しながら極限まで圧縮された壁のような音まで。

    素晴らしいサウンドでした。

    もちろんバンド全体の出す音も素晴らしく、

    そのバンドの強靭な音を従えて唄うRYUICHIさんの歌が本当に強くて。

    最後の最後まで感動しっぱなしでした。

    25周年記念というメモリアルライブに参加出来て光栄だったし、

    俺ももっともっとチャレンジしていこうと胸に刻んだ日でした。

    5月は良いライブがいっぱい観れて嬉しかったです。

    中でもフラワーカンパニーズとLUNA SEAは飛び抜けて凄かった。

    明日は久しぶりにabout tessのライブです。

    是非是非。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.09 Thursday
      • -
      • 18:26
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      takuto_twitter
      @takuto_をフォロー
      Song of the Bird dig up ver.
      Imaginedit album ver.
      Violence Freak
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM